地域や宗派によって異なります。下記は一般的なものです。参考になさって下さい。

 【精霊棚 盆棚
 真菰(マコモ)のゴザを敷いた台、もしくは白布を敷いた机などの四隅に青竹を立て、その上部に縄を張って結界とします。
 縄にはソーメン・ホウズキ・アワ・キキョウ・ユリ・花(みそはぎ)等を吊るします。
 位牌はゴザの上に安置します。ローソク立て・香炉・花立て・お供え物なども置きます。

 【お仏壇の場合
 盆棚を設けるスペースがない場合は、仏壇で精霊棚を兼ねます。
 仏壇の上部にホウズキを横向き飾り、手前にマコモのゴザを敷き供物類を供えます。
 簡単には、仏壇の前方にお位牌を出し、手前に机を置き、白布を敷き、野菜や果物・花・団子などをお供えします。

 【お供え物
 この霊座にお花やお線香・お灯明・閼伽水(あかみず:蓮の葉に数滴の水をたらしたもの)・盛物・果物・野菜・そうめん・餅・団子・故人の好きだった食べ物などを供えます。
 また、水の子(みずのこ:洗った米に、なす・きゅうりなどを賽(さい)の目に刻んだものを混ぜて、蓮の葉の上に盛り付けたもの)も供えます。

 【提灯 送り火 迎え火
 精霊に自分の家を教えるために、仏壇のそばや軒先に新盆堤灯をお飾りします。
 以前はお墓にお迎えに来て、提灯に火をつけてそのまま行列をして家に戻ったといいます。
 玄関先で迎え火を焚いてその火をまたぎ一緒に家に帰ります。
 住宅事情もかわり、提灯を吊るしたり、迎え火を焚けないこともあるかと思いますが、家に大切なお客様をお迎えする気持ちで準備を整えたいものです。

『明珠』より

成寿34号目次へ


 本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)を禁じます。
Copyright © 2002 Yokohama Zenkouji Temple. All rights reserved.