本文へスキップ

成寿山 善光寺:仏教寺院 〔曹洞宗

寺院案内CONCEPT

善光寺縁起

横浜成寿山善光寺は、昭和44年(1969年) *黒田白純大和尚(光真寺三十六世)を開山として勧請し、山号を成寿山と命名して発足しました。

釈迦牟尼仏を本尊とし、身代わり不動明王をお祀りしています。
昭和57年には、釈迦殿を建立し本尊釈迦牟尼仏・文殊菩薩普賢菩薩を脇侍としました。 さらに翌58年、本堂を増改築して不動殿と命名 大日如来を本尊・薬師如来阿弥陀如来を脇仏とし、不動三尊をお前立ちとしました。

坐禅会書道会写経会華道教室御詠歌教室・仏典研究会等を主催すると共に護持会・留学僧育英会・各種奉賛会等、寺檀一体となってお釈迦さまの教えを今に伝える活動を行っています。


光真寺釈迦牟尼仏不動明王文殊菩薩普賢菩薩大日如来薬師如来阿弥陀如来坐禅会書道会写経会華道教室御詠歌教室留学僧育英会・・

歴代住職

  ・第一世 開山楳庵白純大和尚
  ・第二世 中興大圓武志大和尚
  ・第三世 現董大莞博志和尚

現住職:黒田博志

CEO

成寿山善光寺は、「来者如帰」でありたい。

…善光寺におこしいただく全ての方々が、
”我が家に帰った”ような気持になっていただける
場所でありたいと、願いを込めています。

沿革

昭和44年
開創。御開山:楳庵白純大和尚
昭和57年
釈迦殿建立。本尊釈迦三尊像
昭和58年
本堂増改築、不動殿と命名。
昭和59年
横浜善光寺留学僧育英会、設立。
平成16年
二世中興大圓武志大和尚遷化。
平成22年
現住職黒田博志、晋山結制修行。