横浜善光寺 不動殿 阿弥陀如来

不動殿

衿羯羅・制咤迦童子 不動三尊 大日如来像 薬師如来像 阿弥陀如来像
釈迦転法輪図 仏壇左右諸像 百済観音図 円空仏 大黒尊天像
通度寺月下老天書屏風 釈迦涅槃図衝立 納骨堂本尊仏像 稲荷明神 中庭

阿弥陀如来

横浜善光寺藏 阿弥陀如来01
横浜善光寺 阿弥陀如来  錦戸新観先生 ↑↓ 平成3年5月28日 開眼法要

横浜善光寺藏 阿弥陀如来02
横浜善光寺藏 阿弥陀如来03

横浜善光寺藏 阿弥陀如来04
梵字:    キリーク    御真言: おん あみりた ていせい から うん
初七日(七日) 不動明王
二七日(十四日) 釈迦如来
三七日(二十一日) 文珠菩薩
四七日(二十八日) 普賢菩薩
五七日(三十五日) 地蔵菩薩
六七日(四十二日) 弥勒菩薩
七七日(四十九日) 薬師如来
百ケ日 観音菩薩
一周忌 せ い し
勢至菩薩
三回忌 阿弥陀如来
七回忌 あ しゅく
阿閦如来
十三回忌 大日如来
三十三回忌 こ く う ぞ う
虚空蔵菩薩

 阿弥陀如来。サンスクリット語でアミタユス(Amita yus)は無限の寿命をもつもの 無量寿、アミターバ(Amita bha)は無限の光明をもつもの 無量光の意味で、どちらも〈阿弥陀〉と音写されました。無量光如来(無限に十方世界を照らす量りしれない光をもつ如来)、無量寿如来(寿命が無量である如来)と訳され、不可思議光如来尽十方無碍光如来ともいわれます。
 阿弥陀如来は、東方浄瑠璃界の薬師如来に対してに西方極楽浄土にあって、この世の生死病死や貧苦などの、あらゆる苦しみ、厄災すべてから人々を救って、「後生善処(ごしょうぜんしょ)」極楽浄土へとお導きくださる仏さまです。
 浄土三部経の無量寿経によれば、その昔世自在王(せじざいおう)仏が現れたとき、一人の国王が弟子となり出家して法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)と名乗り、四十八の本願を成就せられ、後に成仏し阿弥陀仏となられたということです。
 阿弥陀仏は立像・坐像などさまざまなものがありますが、衆生印(しゅじょういん)といわれる人さし指・薬指のいづれかと、親指とで輪をつくっている印相が特徴のひとつです。

ページ先頭へ

本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)を禁じます。
Copyright © 2002 Yokohama Zenkouji Temple. All rights reserved.