言の葉

言 葉 参照
01  今日帰山 雲喜気 愛山之愛 甚於初 
02  東山水上行 / 雲門文偃(うんもんぶんえん)禅師 雲門広録 
03  身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる人ぞ尊し 
04  朝日待つ 草葉の露の ほどなきに 急ぎな立ちそ 野辺の秋風 / 「無常」道元禅師 傘松道詠 
05  この経の 心を得れば 世の中の 売り買ふ声も 法を説くかな / 道元禅師 傘松道詠 
06  謂ひ捨てし 其言の葉の 外なれば 筆にも跡を 留めざりけり / 「詠不立文字」道元禅師 傘松道詠 
07  夜もすがら 終日になす 法の道 皆此経の 声と心と / 道元禅師 傘松道詠 
08  峰の色 谷の響も 皆ながら 吾が釈迦牟尼の 声と姿と / 道元禅師 傘松道詠 
09  荒磯の 浪もえよせぬ 高岩に かきもつくべき 法ならばこそ / 「詠教外別伝」道元禅師 傘松道詠 
08  春風に 綻にけり 桃の花 枝葉にわたる 疑ひもなし / 「詠桃華悟道」道元禅師 傘松道詠 
09  春は花 夏不如帰 秋は月 冬雪冴えて 涼しかりけり / 「詠本来面目」道元禅師 傘松道詠  
10  水鳥の 行くも帰るも 跡絶えて されど路は 忘れざりけり / 「詠応無所住而生其心」道元禅師 傘松道詠 
11  鴛鴦か 鴎とも又 見えわかぬ 立つる波間に 浮き沈むかな / 「詠即心即仏」道元禅師 傘松道詠 
12  守るとも 覚えぬながら 小山田の いたづらならん かがし(案山子)なりけり / 「詠行住坐臥」道元禅師 傘松道詠 
13  波も引き 風もつながぬ 捨小舟(すておぶね) 月こそ夜半の さかひなりけり / 「詠正法眼蔵」道元禅師 傘松道詠 
14  いつも只 我が古里の 花なれば 色も変らず 過ごし春哉 / 「詠涅槃妙心」道元禅師 傘松道詠 
15  しずかなる 心の中に すむ月は 波もくだけて 光とぞなる / 「詠坐禅工夫」道元禅師 傘松道詠 
16  濁りなき 心の水に すむ月は 波もくだけて 光とぞなる / 「坐禅」道元禅師 傘松道詠 
17  草の庵に 寝ても醒めても申す事 南無釈迦牟尼仏 あはれみたまへ / 「草案偶詠」道元禅師 傘松道詠 
18  冬草も 見えぬ雪野の 白鷺は おのが姿に 身をかくしつつ / 「礼拝」道元禅師 傘松道詠 
19  世の中は 何にたとえん 水鳥の 嘴ふる露に 宿る月影 / 「無常」道元禅師 傘松道詠 
20  千の風になって… / 作者不詳 新井満・秋川雅史 
20  過去月影無古今 山色水光帰自然 /  


善光寺のトップへ

本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)はご遠慮下さい。
Copyright © 2002 Yokohama Zenkouji Temple. All rights reserved.