降 誕 会

4月8日

善光寺蔵・誕生仏 花御堂
降誕会とは
 お釈迦さまのお誕生日にあたるこの日(4月8日)、お生まれになったお姿のお釈迦さまのお像「誕生仏」を花御堂にお入れし、花々で飾り、甘茶を潅ぎ、お祝いと感謝の心を以って法要を営みます。
 お釈迦さまに関する三行事(三仏会)
  ・降誕会あるいは潅仏会/花まつり(4/8)
  ・成道会(12/8)
  ・涅槃会(2/15)
 の一つです。


灌仏(かんぶつ) ()

稽首大聖薄伽梵(けいしゅだいしょうばぎゃぼん)

天上天下両足尊(てんじょうてんげりょうそくそん)

我等今以功徳水(がーとーこんいーくどくすい)

灌浴如来浄法身(かんよくにょらいじょーほっしん)

 お釈迦さまの誕生
  お釈迦さまは、現在のネパールのタライ地方、カピラヴァスツの王シュッドーダナと母マーヤ夫人との間に生まれ、ゴータマ・シッダールタ(瞿曇・悉達多)と名づけられました。 その時期は、紀元前463年、或いは前560年頃ともいわれ、未確定です。
  誕生について、釈尊は白象のお姿になってマーヤ夫人の胎内に入り、夫人がお産のために実家へ里帰りする途中、ルンビニー園で樹の小枝を手折ろうとした時に、その右脇腹よりお生まれになったといわれます。
  またお生まれになり直ちに七歩あるき、右手で天を指し、左手は地を指し、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」「天にも地にも我独り」と唱えられたともいわれます。
  生後一週間で母のマーヤ夫人は亡くなり、その後は母の妹マハープラジャパティによって育てられたということです。
ページ先頭へ

本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)はご遠慮下さい。
Copyright © 2002 Yokohama Zenkouji Temple. All rights reserved.